トップ > 米子市観光案内所スタッフブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コナンミステリーツアー2015が終了しました。
多くの方に鳥取県に来ていただきました。
来県された方々に感謝申し上げます。
コナン以外にも多くの観光地がありますので
また鳥取県に来ていただきたいと思います。

さて

2016年も開運八社巡りを行います。
IMG_3841.jpg

開運八社は
倉吉・・・福富神社福積神社
琴浦・・・豊榮神社
米子・・・富益神社
日野・・・金持神社
日南・・・樂樂福神社福榮神社福成神社
の8つの神社を指します。

どれもありがたそうな名前の神社です。

金持神社のみならず
全部が宝くじを買ったら行きたくなる神社ですね。

毎年この八社に加えて
干支にちなんだ神社を選んで9つの神社を
回るルートを作っています。

2015年は鳥取市の聖神社でした。
未の絵が4方向に書かれていることで
おなじみです。

2016年は淀江の日吉神社です。

なぜ日吉神社なのか?

「日吉神社は平安時代末期の比叡山を神体山とした日吉大社の御分霊で、
境内には神使いと言われる「猿」の石像が置かれています。」
と、資料に書かれていました。

もう少し攻めてみましょう。

日吉と猿でピンと来たあなたは本当の歴史好きです。

この2つのフレーズで思い浮かべるものと言えば
そう、太閤、豊臣秀吉です。

秀吉の幼名は「日吉丸」
秀吉の母「なか」が日吉神社に祈願し
そこで授かった子供に日吉丸と名付けたと言われています。
(太閤記の創作という説が強いですが・・・)

「猿」と言えば
織田信長から呼ばれたあだ名で
秀吉そのものを表す言葉ですね。
(実際は信長にそう呼ばれた記録はなく、
「あの、はげねずみ」と書かれた手紙が残っているそうですが・・・)

・・・こういう時はなぜこういう歴史にしたのかを考えるのです!

秀吉が日吉神社への信仰(山王信仰)が篤いことは事実のようです。
信長の比叡山焼き討ちで日吉大社が焼け落ちた後に
日吉大社の再建を秀吉の手によって行っています。
つまり日吉大社に対する信仰の篤さを端的に現すために
幼名日吉丸、あだ名猿というストーリーが出来上がったのではないか?
と考えることができるわけです。

日吉神社に参拝された際には
秀吉を思い浮かべるのも良いのではないでしょうか?

2016年開運八社巡りのてぬぐいと福紗は
12月1日より販売いたします。
初詣に9つの神社を回って1年の福を呼び寄せるというのはいかがでしょうか?
当観光案内所でも販売しておりますので
旅のお供に是非どうぞ。

あ!2015年のてぬぐいと福紗もまだ販売しますよ!
年末ジャンボ宝くじの当選祈願にいかがでしょうか!

プロフィール

米子市観光案内所

Author:米子市観光案内所
鳥取県の西の端、山陰の玄関の米子駅にある米子市観光案内所です。旬な観光情報はもちろん、観光地や歴史など米子の情報をお届けします!

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。