FC2ブログ
トップ > 米子市観光案内所スタッフブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この秋、鳥取県で全国都市緑化とっとりフェア「水と緑のオアシスとっとり2013」が
開催されます。

鳥取県の気候風土に合う樹木、草花を使って、自然な雰囲気を庭に写したような
ナチュラルガーデンを作り、鳥取の自然環境の魅力を伝えることが
テーマになっています。

フェアの監修をしているのは、日本のナチュラルガーデンの第一人者
ポール・スミザーさんです!

oasistottori





JR米子駅を出て右に進むとすぐ、「だんだん広場」という広場があります。
今年の5月に全国植樹祭がとっとり花回廊で開催された際、
植樹祭応援イベントを開催した広場です。

この広場の植え込みがイベント開催時に再整備され、宿根草を中心とした植栽に変わりました。
そして整備の後、ここにハマナスが植えられていることに気づきました。


ハマナスは、鳥取県の白兎海岸あたりが自生南限地です。
天然記念物にも指定され、野趣と華やぎを備えた魅力的なバラ。

植えられた梅雨の時期にはもう、とても暑い日が続いていて、
今年の夏の猛暑も植物にはきついだろうと心配していましたが、
今、花を咲かせてくれているんですよ。

hamanasu

雨が続いたりして、花の一番きれいなタイミングの写真がとれなくて、
稚拙な写真ですみません。
写真よりももっと鮮やかな、濃い赤紫の花が咲いていますよ。



そしてもうひとつ。シルバーリーフの植物が一緒に植えられていて、
これは何かな?と思っていましたが、こちらも今、とてもきれいな花を咲かせていて、
フェアのサイトから名前がわかりました。

touteiran

「トウテイラン」のようです。
一見すると園芸種のような華やかさですが、日本固有種の花で近畿から山陰が自生地ということ。
でも自然に残る姿を見ることは近年難しくなってきているそう。



この広場の植え込みは、これからも季節ごとに姿を変えながら生長を続け、
草花が風にそよぐ、フェアのテーマが表現された場所になりました。

そして、新しい植栽のおかげで植物や植物が育つ環境のこと、
また少し知ることができました。
身近に貴重な花々を見ることができるようになって、楽しみがひとつ増えました。


今回のフェアで、他にも今まで知らなかった植物のことを知ることができそうです。

フェアの主会場は鳥取市桂見の湖山池公園です。
県西部ではサテライト会場として「とっとり花回廊」にウェルカムガーデンが
設置されるそうですよ。

フェアに行くのが今から楽しみです。皆さんもぜひ出かけてみてくださいね。


水と緑のオアシスとっとり2013
期間/9月21日(土)~11月10日(日)

プロフィール

米子市観光案内所

Author:米子市観光案内所
鳥取県の西の端、山陰の玄関の米子駅にある米子市観光案内所です。旬な観光情報はもちろん、観光地や歴史など米子の情報をお届けします!

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。