トップ > 米子市観光案内所スタッフブログ
尾高の梅園 今Ⅰ.シャトーおだか   アクセス:バス ④乗り場 大山寺行き 尾高上下車 26分 480円 大山道路を尾高上のバス停で右折(賑やかな旗や立て看板でシャトーおだかの案内があるので間違うことはない)。曲がりくねった坂を上り詰めると(ものの1分もかからないのだが)、左右に梅林が広がる。このまま行くと「シャトーおだか」なる宿泊施設がある。地理を探るために行きつくところまで、「おだか」まで行こう。こ...
とっとり花回廊の「サマーフェスタ」に行ってきました♪入園ゲートを入ると案内所、待合室、コインロッカーあります。荷物を預けてゆっくり見れますね♪ベビーカー、車いすなどもあり自由に利用できます。まずはフラワートレインに乗り込み、園内を一周してみることに!西館前発着で、15分かけて園内を回ります。トレイン内では、庭園ごとにアナウンスがあり、暑いこの季節、広い園内を回るのにぴったりです。 トレインを降りて次は...
  梅雨になりました。梅雨といえば…紫陽花。という事で…  地元では、紫陽花で有名な大神山神社「本社」に行ってきました。  鳥居をくぐると両脇の堀の湧き水では、たくさんの鯉が、  綺麗な水の中気持ちよさそうに泳いでいました。 大神山神社というのは2つあります。 伯耆大山山麓(米子市)の「本社」と山腹(西伯郡大山町)の「奥宮」です。 今回お邪魔した大神山神社「本社」は、米子市尾高にあります。 なぜ2つ...
鳥取砂丘、砂の美術館で4月16日より「砂で世界旅行・南米編」がスタートし、早速行ってみました!米子市内から山陰道経由で2時間弱で到着。入口にも砂像が♪砂の美術館では「砂で世界旅行」を基本コンセプトに、毎年テーマを変えて展示を行っていて、今年のテーマ「南米編」では、世界的に有名な絶景スポットや世界遺産など南米の歴史・文化にちなんだ19作品が展示してあります。中に入ってまず目を引かれたのが、こちら♪コルコ...
才能には素直に溺れるのが一番良い。春が本格的にやってくる時に假屋崎省吾という本物を見るのが最も有意義な時間の使い方ではないかと思うのです。3月10日に由志園に行ってきました。由志園さんは入場料800円ですが年間パスポートは1000円となっております。年に2回以上由志園にお越しの方は必ず購入された方が良いと思います。假屋崎さんの作品は繊細かつ大胆な作風と言われています。何ともありきたりな表現じゃないですか?し...

プロフィール

米子市観光案内所

Author:米子市観光案内所
鳥取県の西の端、山陰の玄関の米子駅にある米子市観光案内所です。旬な観光情報はもちろん、観光地や歴史など米子の情報をお届けします!

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。