トップ > 米子市観光案内所スタッフブログ
こんな都会的なものができるとは
夢にも思っていませんでした。

11月5日より米子駅に自動改札機が導入されました!!

友人からは
「マジ日本じゃねえよ・・・」と言われたりもしましたが
ようやく自動改札という文明の利器が入りました。

当日はマスコミがたくさん来るなど
盛り上がっておりました。
(そんなことで盛り上がるなという突っ込みは受け付けません)

ちなみにICカードはまだ使うことができません。
12月17日を予定しています。
  
  JR米子駅構内にモバイルコーナーができました。
  場所としては、改札口を出て左前側です。

  P1010082_R.jpg
 
  パソコンコーナーと充電コーナーがあり無料でご利用いただけます。

  P1010085_R.jpg

  どうぞご利用くださいませ。





  






 

続きを読む

とっとり花回廊の「サマーフェスタ」に行ってきました♪
IMG_1031_R.jpg

入園ゲートを入ると案内所、待合室、コインロッカーあります。
荷物を預けてゆっくり見れますね♪
ベビーカー、車いすなどもあり自由に利用できます。
IMG_1184_R.jpg

IMG_1186_R.jpg

まずはフラワートレインに乗り込み、園内を一周してみることに!
西館前発着で、15分かけて園内を回ります。
トレイン内では、庭園ごとにアナウンスがあり、
暑いこの季節、広い園内を回るのにぴったりです。
IMG_1034_R.jpg

IMG_1041_R.jpg IMG_1051_R.jpg
<外から見たドームや花の丘>

トレインを降りて次は…
直径50m、高さ21mの巨大なフラワードームを左手に、
一周1㎞の屋根付き展望回廊を西館より出発して歩きます♪
回廊の左右には様々な庭が広がっています。
IMG_1073_R.jpg

IMG_1075_R.jpg

しばらく進むと南館のジャングルドームに到着。
2階では食虫植物展が開催してました♪
様々な方法で虫を捕まえて生きる食虫植物をパネルとともにご紹介。
不思議な生態をお見逃しなく。
IMG_1089_R.jpg IMG_1095_R.jpg

南館を出てすぐのところにピクニックコーナーがありました。
木のテーブルとベンチが約300席用意してあり、屋根もあるので、雨の日でも利用できます!
お弁当持参で楽しむのもいいですね!
IMG_1101_R.jpg

花回廊のメインフラワー・ユリをモチーフにしたマスコットキャラクター・ピロロとポロロの花壇発見!
IMG_1106_R.jpg

中央から霧が吹きだす庭園。
IMG_1105_R.jpg

東館、ゆりの館に到着。
メインフラワーのゆりが一年中展示してあるそうです。
大山山頂付近のジオラマもありました!
IMG_1115_R.jpg IMG_1117_R.jpg

東館を出てすぐに滝が!!
IMG_1127_R.jpg

IMG_1128_R.jpg

フラワートレインでも気になっていた花の丘に到着。
マリーゴールドとブルーサルビア、ルドベキア合わせて10万株が目前に広がります!
大山をバックに写真を撮りたかったのに、この日は雲に隠れてダメでした。
IMG_1136_R.jpg

IMG_1135_R.jpg

IMG_1141_R.jpg

クリスタルロードを通って花回廊のメイン施設のドームへ♪
ダイオウヤシなどの熱帯・亜熱帯の植物を中心に洋ラン、ハイビスカスが一年中華やかに彩ります。
IMG_1151_R.jpg

IMG_1163_R.jpg

IMG_1162_R.jpg

IMG_1167_R.jpg

ドームを出てプロムナード橋ではハイビスカス展がしていました。
青空のもと、色鮮やかなハイビスカスが100品種勢ぞろいです!
IMG_1172_R.jpg

他にも個性的なヒマワリ、水上花壇、ハーブガーデンやクレマチスギャラリーなどなど見所満載です。
夏空のもと、華やかで活き活きとしたたくさんの花に囲まれて、素敵な時間を過ごすことができました♪

サマーフェスタは8月28日まで開催しています!

花回廊とJR米子駅を結ぶ無料シャトルバスが運行していますのでぜひご利用ください。
期間中は、平日は1時間おき、土日祝は30分おきにバスがありますよ!

花回廊のホームページはこちらから











夢みなとタワーで行われている
わくわくロボットランドに行ってきました!
会場入り口

ロボットと聞いてまず何が思い浮かぶでしょうか?

世代によって異なるかもしれません。
鉄腕アトムであったり
鉄人28号であったり
ガンダムであったり
(厳密にはロボットではないですが)
エヴァンゲリオンであったり

その時代の夢が詰まっている物であると考えます。

いろいろな夢が今どうなっているんでしょうか?

展示物1

展示物2

まずは夢のロボットたちのフィギュアです。
手塚治虫や横山光輝らが描いたロボットたちです。

ガンダム1/12

鉄人28号

筆者の世代だとロボットはガンダムなんです。
(ただし、SEEDとかターンAですが)
ここで展示してあるのは1/12スケールのガンダムです。
1mちょっとの大きさでしょうか。
ちなみに実物大となると18mもあるそうで
東京お台場のダイバーシティ東京で展示されているそうです。

癒し系ロボ

これはセラピー用ロボの「パロ」です。
頭とかなでると喜ぶんです。
でも髭をかまうと嫌がります。

ティラノザウルスロボ

そしてこれがチラシなどでもあったティラノザウルスロボです。
ガオーーって言います!

サッカー用ロボ

実際にロボットの操縦もできるんですよー。
これはサッカー用ロボです。
ゲームのコントローラのようなリモコンを使って
前後はもちろん、左右、その場を軸に横に回転したり
決行いろんな動きをします。
写真はまさにシュートを打とうとしているところです。
左右どちらでも蹴ることができて
しかもかなり強力なシュートを打ちます!
実際操縦してみましたが、思っている以上にこちらの思った通りに
動いてくれます。

ロボットはこの米子でも研究されています。
米子高専は毎年、アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(通称ロボコン)
に出場しています。そのロボットも展示しています。
そして、医療用機械を研究製造しているテムザック技研さんは
新型車椅子の開発などもしています。
それらの展示もあります。将来ロボット王国と呼ばれる日もくるかもしれませんね。

ロボットは何も人型だったり何かの形をしている必要はありません。
これもロボットです。
農業用ロボ
これは梨やぶどうなど高いところに果実がある作物は
常に腕を上げることから肩や背中などに大変な負担になるわけです。
そこでこのロボットを装着するとサポートをしてくれるんです。
介護の世界でこういうロボットを見たことはありましたが
農業の世界にもサポートロボットの時代がやってくるかもしれませんね。

そして、毎日3回開催されるのが
ロボットショーです!
ホビーロボットの開発やイベントの開催をされている
ロボットゆうえんちの方が
楽しいロボットを使ってのショーをされました。

ラジオ体操

彼は何をしているかというと
ラジオ体操です。
膝の屈伸運動などの一連の動きができるんです。
ジャンプもするんですよ!
たぶん私より上手いです。
ただし、弱点があります。
それは腰を捻ることができないのです。

そして
ブレイクダンス

彼は何をするかというと
ブレイクダンスです。
説明が難しいので割愛しますが
とにかくすごいです!

そして、今回のショーの眼玉です。
松坂桃李ロボ

どこかで見たことありませんか?

そうです。松坂桃李さんです。
ガムのCMに出てきた「トーリロボ」がこの夢みなとタワーに来ています。
内部よりも外観にお金がかかっていて
ロボットにスタイリストが付くという変わり種です。
実は中身のシステムも凄いんですが
これは現地で実感していただくのがいいかと思います。
ただし、CM撮影などでいない日もあるそうなので
会えたら運がいいかもしれませんね。

このわくわくロボットランド
8月21日までの開催です。
料金は高校生以上 900円
     小中学生   600円
     3歳以上~小学生未満 400円
となっています。

あと、入場券をお持ちですと
夢みなとタワー展望台に無料で入ることができます!
また、現在お化け屋敷や子ども縁日も開催中です!
第36回全日本トライアスロン皆生大会が7月17日(日)に開催されます。

只今、米子市観光案内所では皆生大会記念Tシャツを販売しています。

IMG_0859_R.jpg

IMG_0861_R.jpg

吸湿速乾タイプの素材を使用していますので、これからの暑い季節にぴったりです。
このTシャツを着て応援されてもいいですし、もちろん普段着としてもおススメです!

男女共通サイズですので、女性の方はいつもの着用サイズより
ワンサイズ小さめをお勧めします。

カラー  白  黒
サイズ  M  L  LL
素材   クールファストドライTシャツ・ポリエステル100%
価格   1800円 (税込)

お気軽に案内所スタッフにお問い合せ下さいませ。 

プロフィール

米子市観光案内所

Author:米子市観光案内所
鳥取県の西の端、山陰の玄関の米子駅にある米子市観光案内所です。旬な観光情報はもちろん、観光地や歴史など米子の情報をお届けします!

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア